お客様が安心してご滞在いただくために

~「3密回避」と「館内の徹底した衛生管理」へ~

瀬戸内リトリート青凪では、新型コロナウイルス感染リスクのある状況下において、館内の衛生管理の強化と、スタッフの健康管理確認を徹底したうえで、「3密」(※)を回避し、お客様に安心してお過ごしいただける滞在をご用意いたします。
また従来のサービスを柔軟に変化させ、対策に真摯に取り組んでまいります。
(※)「換気が悪い密閉空間」、「人が集まって過ごすような密集場所」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い密接場面」
厚生労働省HPより

具体的な新型コロナウイルス感染予防策

瀬戸内リトリート青凪は、延べ床面積3500平米を超える広い空間にわずか7室という、開放的でプライベート性が高いホテルです。もともと「3密」が発生しづらい環境ではありますが、さらなる安心を提供すべく、以下の対策にて皆様をご案内申し上げます。

・通常の客室清掃に加え、ホテル館内(客室・パブリックスペース)のアルコールおよびアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
特に、手が触れる部分(エレベータースイッチ、引き出しや冷蔵庫の取っ手類、ドアノブ、リモコン、スイッチ類など)を除菌清掃しています。
・館内各所での除菌用スプレーの設置・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・入館時に検温の実施
・宿泊者全員のご本人確認