期間限定で地元四国のアーティストによる 空間インスタレーション作品展を開催

期間限定で地元四国のアーティストによる 空間インスタレーション作品展を開催

期間限定で地元四国のアーティストによる 空間インスタレーション作品展を開催

瀬戸内リトリート青凪では、施設内ギャラリーにて、2018年最後の作品展示企画「cycling light」をスタートしました。地元四国出身で、瀬戸内芸術祭オフィシャル・フォト・グラファーでもある“宮脇慎太郎”と音楽家“渡邊和三郎”の2名のアーティストによる、写真・映像・音楽を通じた空間インスタレーション企画となっています。展示期間中は宿泊者のみならず、どなたでも入館可能となっており、瀬戸内の海を見渡すロケーションに建つ安藤忠雄建築の当館へ、どうぞお気軽にお越しください。

空間インスタレーション作品展

作品「cycling light」

◆作品「cycling light」について

光は精神
海は身体
本来同じはずの一つの魂
しかし環境によって様々に移りゆく
そして、全ては流転する

The light is mind.
The sea is the body.
All things flow.

photographer:Shintaro Miyawaki
music    :Wasaburou Watanabe

写真家“宮脇慎太郎”が過去に撮り溜めてきた瀬戸内の水面の光の数々を、音楽家“渡邊和三郎”が手がけた楽曲とコラボレートする形で、ディスカッションを重ねながら一つの映像作品へと仕上がっており、会場では同映像作品を楽しむことができます。
また、映像内で使われている写真をB0版の大判プリントで出力した展示を始め、期間限定のポストカードとアワガミファクトリーの紙に出力したプリント作品も購入可能です。

◆作品展示企画について

作品名 :cycling light
展示期間:2019年12月10日~2019年1月下旬
会場  :「瀬戸内リトリート青凪」内 ギャラリー
入場料 :無料
開館時間:15:00~19:00
(宿泊客はチェックイン・チェックアウト時間に準ずる)
定休日 :不定休

◆宮脇慎太郎について
写真家。1981年、香川県高松市在住。著書に、日本三大秘境と言われる四国最深部の天空の集落・祖谷渓谷の四季を記録した写真集『曙光――The light of Iya valley』(サウダージ・ブックス)。瀬戸内国際芸術祭2016公式カメラマン。2019年以降、初のノンフィクション『ローカル・トライブ』、写真集『rias land』を刊行予定。

公式ウェブサイト: https://www.shintaromiyawaki.com/

◆渡邊和三郎について
石、木、砂などの自然物、環境音、多様な楽器などを用いた音楽制作をしている。同時期にタブラ奏者、井上真輔と“aotof”を開始。各地でパフォーマンスをしている。札幌国際芸術祭2014「都市空間のサウンドコンペティション」グランプリ受賞。瀬戸内国際芸術祭 2016てとあし/tetoashi「ドリフトライン」参加。映像音楽、立体作品への楽曲提供、コンテンポラリーダンスとの共演など多数。2018年ファーストアルバム「Cycling」を発表。

公式ウェブサイト: http://wasaburou-watanabe.tumblr.com/

2018-12-18T13:32:11+00:00